バネのない入れ歯|浦安市審美歯科・ホワイトニング・インプラント相談室

浦安市審美歯科・ホワイトニング・インプラント相談室へようこそ

無料相談フォームへ 気になる歯科治療の料金は? 白い歯を手に入れよう メタルフリーの歯科治療 浦安市審美歯科・ホワイトニング・インプラント相談室ホームページ

HOME | バネのない入れ歯

インプラントが受けられない方~バネのない入れ歯~

インプラントが受けられない理由とは

インプラント治療で使用されるチタンは、アレルギーの原因とならないことで知られています。また、治療技術も日々進歩を続けており、以前は治療が受けられなかった方でもある程度は治療が可能になっています。
しかし、場合によっては治療が受けられない方や制限されてしまう方もいるのが現状です。どんな方が治療を受けられないのか、確認してみましょう。

 
全身疾患の方 糖尿病や高血圧といった全身疾患をお持ちの場合は、治療ができないことがあります。
歯周病がある方 歯周病に冒された状態の口内では、インプラントと骨がしっかり結合しないため治療ができません。
喫煙者 喫煙によって血管が収縮するため、手術後の治りが遅くなって歯周病などを併発しやすくなります。
骨の量が足りない方 顎にインプラントを埋め込むだけの量がない方は治療が受けられません
妊娠中の方 インプラント治療にはレントゲンを撮る必要があるため、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える危険があります。

バネのない入れ歯

インプラント治療ができなかった場合、その代替治療としてオススメするのが「ノンクラスプデンチャー」です。これは入れ歯に本来付いている金属製のバネ(クラスプ)が付いていない入れ歯(デンチャー)で、目立たずしっかりフィットするという特長があります。
さらに、ノンクラスプデンチャーには金属床を使用できるという特長があります。金属床は薄く熱をしっかり通すため、違和感なく食事をしっかり楽しむことができます。

バネのない入れ歯での治療例

 
 
注目!歯をキレイにしたい!
もし、歯を失ったら・・・
オススメ治療ガイド
ご参考ください!
治療体験レポート治療体験レポート
わかば歯科クリニック公式ホームページへわかば歯科クリニック公式ホームページへ